スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





J-REITで用いられる不動産評価法


今回はJ-REITに限らず、不動産全般で適用されている不動産価格の査定方法について誠に
簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。



バブル時代に主流とされていた評価法が取引事例法です。この時代は不動産投資は不動産
その物が生み出す収益よりも、土地の値上がり益が重視されていました。



取引事例法とはどういったものかといえば、地域別に、土地がいくらで取引されているからこの
物件はこの価格といった形で査定するのが主流とされていました。



今現在、都内では商業地域以外でも土地の価格は上昇傾向にあります。しかし、バブル時代
のような土地の値上がり益を期待するのは難しいです。そのため、すでに大底をうったことを
確認された不動産物件に投資することができれば、かなり高い利回りを得ることができます。



こうしたことから、不動産投資は今現在、キャピタルゲイン(土地・建物の価格上昇にともなって
得られる利益)からインカムゲイン(家賃収入、配当収入などを指します)が重要視されていると
いっても良い状況にありますので、不動産価格が乱高下することを抑えられています。



こうした時代の変化により、収益還元法という査定法が注目されるようになりました。収益還元
法は、不動産から得られる収益にもとづいて不動産価格を決定します。収益還元法には2種類
あり、一つは直接還元法、もう一はDCF法といいます。





スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : J-REIT 不動産投資 収益還元法

さらに詳しく調べる


 検索例  
J-REIT 東証 指数などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

J-REIT 不動産投資 不動産市場 不動産ファンド 収益還元法 DCF法 東証REIT指数 投資法人 決算短信 証券保管振替機構 テナント 証券会社 証券口座 不動産鑑定 ビークル 証券取引所 利回り 不動産 キャッシュフロー デット型 上場 エクイティ型 東証リート指数 プロパティマネジメント 外資ファンド 大型高機能倉庫 東証2部 上場廃止 J-REITとは? 私募型不動産ファンド ファンド 資産運用 リスク 不動産会社 分配金 リート市場 株式投資 決算 株主総会 賃料 不動産価格 固定資産税 不動産物件 マンション 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。