スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





5月の首都圏賃貸物件の成約数減少



【J-REITが分かる不動産投資入門】


アットホームが、5月の首都圏賃貸物件市場動向を発表しました。


発表された首都圏賃貸物件市場動向それによりますと、5月の成約数は8,736件
(前年同月比11.3%減少)で、8カ月連続の減少となりました。



地域別でみますと、23区の城南エリア、神奈川県横浜市の不振が目立っている
もようで、一方、千葉県は新築が好調で2カ月連続増となりました。



1戸当たりの成約賃料は、賃貸マンションが10.15万円(前年同月比0.6%上昇)
で3カ月ぶりにプラスに達したもようです。



依然として、回復する兆しが見えておりませんが、人の流れは着実に首都圏
へと向かっているようなので、そろそろ底をつくころではないかと思います。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

J-REITが分かる不動産投資入門トップへ





スポンサーサイト

プロパティマネジメントとは



【J-REITが分かる不動産投資入門】


ここ最近ようやく日本の不動産業界でもプロパティマネジメントという言葉が
浸透してきたように見受けられます。



プロパティマネジメントは個々の不動産を1つの財産として捉えることにより、
その不動産の価値を高めて投資効率を上げる業務のことをいいます。



アセットマネジメントが投資家から集めた資金を徹底して効率よく運用及び
管理する、投資顧問業務・投資アドバイザー的存在です。


そして、プロパティマネジメントは投資した不動産をいかに効率よく運用する
かが問われることとなります。



ですので、プロパティマネジメントは、基本的には運用会社の運用計画に
従って業務を遂行しなければなりません。



主要とされる業務として、建物管理とテナント管理の2つがございます。


建物管理は、日々の清掃業務、保守・防災管理などの日常管理業務、
建物や設備につきましては適切なメンテナンスを行います。



そして、建物の大規模な修繕や改修、空調設備を最新のものにするといった
リニューアルすることを企画及び提案することも行います。



最小限のコストで、最大限の効果を生み出すためにマネジメントを行う場合
もあり、キャッシュフロー重視で投資利回りを向上させるという役割もあり、
より重要な立場といえます。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



J-REITへの投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

J-REITに関する記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合においても、当方では一切の責任を負いま
せんので予めご了承下さい。

J-REITが分かる不動産投資入門トップへ





無印良品の家、モデルハウス開設



【J-REITが分かる不動産投資入門】


住宅新報の記事によりますとムジ・ネットはこの度、九州は福岡県博多に、
無印良品の家 福岡店モデルハウスを開設したもようです。


 
06年7月に同地域にある西工務店とネットワーク・パートナー契約を結び、
準備期間を経て開設することとなりました。



こうしたことを受け、ネットワーク事業の営業拠点は16カ所となり、九州
エリアでは鹿児島店に続いて2カ所目となります。



プランは「5間×4間」で、延べ床面積は88.34平方メートル。


コンセプトは家族で暮らし、家族と共に成長する住まいで、部屋の仕切りを
なくし、家族の気配を感じられるように工夫が施されているようです。



無印良品では07年内に、以下の地域に店舗を開設する予定です。


松本、 新潟、 高崎、 高槻、 奈良、 京都南、 岡崎、

美濃、 岡山、 大阪北、 久留米、 豊中、 福島


 
応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



J-REITへの投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

J-REITに関する記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合においても、当方では一切の責任を負いま
せんので予めご了承下さい。

J-REITが分かる不動産投資入門トップへ





海外資産運用のためデスクを開設



住宅新報の記事によりますと、今現在、三井不動産販売は、今後より一層、
個人資産家及び富裕層の住宅需要拡大を見込んでいるようです。



こうしたことから三井不動産販売では、法律や税務を含めた海外不動産の相談
窓口として「海外資産コンシェルジュデスク」を6月1日、六本木のミッドタウン
のリアルプランサロンに開設しました。



海外資産コンシェルジュデスクでは、驚いたことに海外のマーケット情報や現地
提携不動産ブローカーの紹介など、不動産売買・管理・運営などの情報を無料で
提供することとなっております。



海外不動産ニーズを尋ねた独自の顧客アンケートによりますと、需要として主に
別荘やセカンドハウスといった自己利用のための目的が高いようです。



購入希望エリアで1位はハワイとなり、当初は、需要の高いハワイの不動産情報
の提供でスタートし、順次、対象エリアを拡張していく予定のようです。



ちなみにトップのハワイ以降は、オーストラリア、ニューヨーク、ロサンゼルス、
上海、香港となりました。

  



※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

J-REITが分かる不動産投資入門トップへ





さらに詳しく調べる


 検索例  
J-REIT 東証 指数などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

J-REIT 不動産投資 不動産市場 不動産ファンド 収益還元法 DCF法 東証REIT指数 投資法人 決算短信 証券保管振替機構 テナント 証券会社 証券口座 不動産鑑定 ビークル 証券取引所 利回り 不動産 キャッシュフロー デット型 上場 エクイティ型 東証リート指数 プロパティマネジメント 外資ファンド 大型高機能倉庫 東証2部 上場廃止 J-REITとは? 私募型不動産ファンド ファンド 資産運用 リスク 不動産会社 分配金 リート市場 株式投資 決算 株主総会 賃料 不動産価格 固定資産税 不動産物件 マンション 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。