スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不動産を証券化する利点について


依然としてJ-REIT市場は大きく低迷しているわけですが、米国にて
住宅市場が改善されない限りは、欧米の大手金融機関の損失は
拡大する一方なので今しばらくはこうした状況が続きそうです。



毎月5%も価格が下落している状態なので、一刻も早くこうした状況
を改善してもらいたいところですが、米国は今大統領選挙の真っ只
中な上に問題が山済みのため進展しません。



そんな中、今回は所有されている不動産を証券化することよって生
まれるメリットについて簡単に解説させていただきます。



J-REIT(不動産ファンド、不動産投資信託)のように不動産を証券化
することでえられるメリットとして、資金調達の面ばかり注目されて
いますが、それ以外にも多数メリットがございます。


不動産のオフバランスにより財務体質の改善が図れます。


これはどういうことかといいますと、例えば不動産所有者は、自身
の所有する不動産を証券化することによって、自社保有不動産を
ビークルに移すことができます。



こうすることによって、実際に所有されている不動産は企業の貸借
対照表(バランスシート)から外れることとなります。そして、最終的
にはROA(総資本利益率)等の財務指標が改善されます。



しっかりと経営基盤を構築するにあたって、やはり財務体質の健全
化が重要なのはいうまでもなく大切なことです。


【情報満載】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※J-REITへの投資は自己責任でお願いします。

J-REITに関する記事の誤字脱字、内容の間違いを含
め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

J-REITが分かる不動産投資入門トップへ





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
J-REIT 東証 指数などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

J-REIT 不動産投資 不動産市場 不動産ファンド 収益還元法 DCF法 東証REIT指数 投資法人 決算短信 証券保管振替機構 テナント 証券会社 証券口座 不動産鑑定 ビークル 証券取引所 利回り 不動産 キャッシュフロー デット型 上場 エクイティ型 東証リート指数 プロパティマネジメント 外資ファンド 大型高機能倉庫 東証2部 上場廃止 J-REITとは? 私募型不動産ファンド ファンド 資産運用 リスク 不動産会社 分配金 リート市場 株式投資 決算 株主総会 賃料 不動産価格 固定資産税 不動産物件 マンション 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。