スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





区分所有のもつリスクについて



【J-REITが分かる不動産投資入門】


不動産投資におけるリスクには金利上昇リスク、空室リスク、
維持管理などのコストがあります。



もし、長期的に安定した賃貸経営を目指すのであれば、空室
リスクに常に注意する必要があります。



区分所有よりも一棟ものがよいとされる理由に空室リスクの
分散があり、区分所有の場合は分散ができません。


次の入居者が決まるまでの間は収入はゼロです。



しかし、銀行からの借入金や、修繕費などの積み立て費など
毎月支払いをしっかりと行なわなければなりません。



一方の一棟マンションの場合、総戸数10の物件であれば1戸
あたりの空室が年収・利回りに与える影響は1/10です。


総戸数が増えれば増えるほどリスクの割合は縮小されます。


恐らく区分所有マンションを複数所有すればよいのでは?と、
思われるかもしれません。



10戸くらいなら何とかなるかもしれませんが、それ以上となると、
資金面や、物件を調査にかかる時間や労力を考えるとマイナス
面が非常に大きいです。



ですので、不動産投資を行うのであれば、1棟ものマンション
に投資するか、J-REITのような不動産ファンドがお勧めです。



応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



J-REITへの投資は自己責任でお願いします。

J-REITに関する記事の誤字脱字、内容の間違いを含
め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

J-REITが分かる不動産投資入門トップへ





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 利回り

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
J-REIT 東証 指数などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

J-REIT 不動産投資 不動産市場 不動産ファンド 収益還元法 DCF法 東証REIT指数 投資法人 決算短信 証券保管振替機構 テナント 証券会社 証券口座 不動産鑑定 ビークル 証券取引所 利回り 不動産 キャッシュフロー デット型 上場 エクイティ型 東証リート指数 プロパティマネジメント 外資ファンド 大型高機能倉庫 東証2部 上場廃止 J-REITとは? 私募型不動産ファンド ファンド 資産運用 リスク 不動産会社 分配金 リート市場 株式投資 決算 株主総会 賃料 不動産価格 固定資産税 不動産物件 マンション 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。