スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





資金力がある銘柄が強い理由について


今現在、金融危機により世界的に景気が悪化しているわけですが、金融市場も一向に
回復に向かう気配が感じられません。実際にニューヨーク市場ではダウが7000ドル台
をつけ、東京市場では日経平均株価が7000円台にまで低迷しています。



ここ最近の明るい話題といえば、2007年以降にサブプライム問題が浮上したことにより
過去最大の赤字を計上し続けてきた欧米の金融機関の中から、黒字化の目処がたった
企業が少しずつ増えている点があげられます。



金融機関の経営が安定化することで市場で資金が正常に流通することになりますので、
不動産市場にも自然とお金が流れることにります。



もちろん、年内にそのような状況にまで回復する可能性は低いと思います。預言者では
ないので予想はできませんが、本格的な投資機会はまだまだ先の話だと思います。



メディアでは絶好の投資機会の到来とばかりに株や為替への投資を促していますが、
FXのような為替取引はこれまで人気を支えていた金利が大きく低迷しています。



なので、外貨を保有することで得られる高い利回りが期待できません。また、為替差益
を狙った短期売買のような投機的な取引は相当の相場観とテクニックが必要です。



一方でJ-REITは依然として高い利回りをキープしています。また、株のように上場して
いる銘柄が数千単位もあるわけではないので、銘柄分析が非常に楽です。



しばらくは資金調達の面で中小規模のリート銘柄は苦戦すると思いますので、規模の
大きなREITの動向を伺いながらJ-REIT市場全体の動きを把握する必要があります。
資金面で有利な銘柄には大きな買いが必然的に入ります。





テーマ : J-REIT
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : J-REIT

さらに詳しく調べる


 検索例  
J-REIT 東証 指数などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

J-REIT 不動産投資 不動産市場 不動産ファンド 収益還元法 DCF法 東証REIT指数 投資法人 決算短信 証券保管振替機構 テナント 証券会社 証券口座 不動産鑑定 ビークル 証券取引所 利回り 不動産 キャッシュフロー デット型 上場 エクイティ型 東証リート指数 プロパティマネジメント 外資ファンド 大型高機能倉庫 東証2部 上場廃止 J-REITとは? 私募型不動産ファンド ファンド 資産運用 リスク 不動産会社 分配金 リート市場 株式投資 決算 株主総会 賃料 不動産価格 固定資産税 不動産物件 マンション 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。