スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





J-REITが増資で資本を拡大する仕組について


実際にJ-REITを運営するにたって、運用している物件からの賃料による収益だけでは投資家に満足して
もらうような運用は期待できませんので、所有している物件を定期的に見直す必要があります。


株や投資信託のように価格が変化することはありませんが、それでも不動産自体が人間と同じように生き
ているものなので、時が経つにつれて劣化するなど、物件の価値が下がっていきます。


そして、周辺地域にある物件が新しくなると当然のことながら新しい物件の方が高く評価されることになり
ますので、その分、価値が下がります。どうしても引き立て役のような存在になってしまいます。


ですので、同じ物件を所有し続けることは簡単そうで非常に難しいのです。このため、J-REITの事業その
ものを拡大する必要があるわけですが、ここで悩みの種となるのが投資するための資金です。


資金調達の手段としてJ-REITがあるのに、それでも足らない場合がどうしても出てくるわけです。そうした
場合の手段の一つに増資があります。つまり、増資することで資本を拡大するわけです。


増資で調達した資金によって、新たに投資する物件を購入します。増資を行なう方法には、お金を借りる
方法と自己資金を増やす方法の二つがあります。一般の企業の場合は、業績を拡大することによって、
利益が増えていきますので、これをしっかりと貯めていけばよいわけです。


しかし、J-REITの場合は収益の大半を投資家に分配しますので、利益を貯めることはできません。こうし
たことから、J自己資金をふやすために、投資家からさらに投資してもらう必要があります。


そのために、新規に投資口を発行します。そして、投資家から資金を集めることにより増資するわけです。
この場合、借入金ではないので、あくまでも資本金となるため、返済義務が生じません。運用に失敗して
株価が目減りするようなことになると、丸々損してしまいますので注意が必要です。





テーマ : J-REIT
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : J-REIT

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
J-REIT 東証 指数などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

J-REIT 不動産投資 不動産市場 不動産ファンド 収益還元法 DCF法 東証REIT指数 投資法人 決算短信 証券保管振替機構 テナント 証券会社 証券口座 不動産鑑定 ビークル 証券取引所 利回り 不動産 キャッシュフロー デット型 上場 エクイティ型 東証リート指数 プロパティマネジメント 外資ファンド 大型高機能倉庫 東証2部 上場廃止 J-REITとは? 私募型不動産ファンド ファンド 資産運用 リスク 不動産会社 分配金 リート市場 株式投資 決算 株主総会 賃料 不動産価格 固定資産税 不動産物件 マンション 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。