スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





積極的に投資するのは当分控えるべき



日銀がREITを買い入れることを決定したわけですが、トレンドを転換させるほどの影響はあり
ませんので、今後もREIT市場は停滞した状態が続くことが予想されます。



いくらREITの利回りが高いといっても長期的な下降トレンドにあるときには株価が大きく下降
する可能性が高いわけですから結果として損失をこうむる可能性が高いです。



また、銘柄によっては信用取引の空売りができる銘柄もありますが、そもそもREITは普通株の
ように短期売買には適していませんので空売りで利益をあげるのは難しいです。



株のように下降トレンドにありながらも短期的に大きく上昇したりすることが少ないので、
結果として短期で売り買いをして利益をあげるのは困難です。



ですので、購入のタイミングを計るのが普通株に投資する以上に難しいです。


本来であれば日銀が買うのであれば買っても良いかなと思えてしまいます。


しかし、これは大口が売り抜けるための絶好の売り場となるかもしれません。



今後も長期的なドル安・円高が続く可能性が高いだけに、大きなポジションを抱えている外国人
投資家にとっては願ってもない売り抜けのチャンスかもしれません。



そう考えると積極的なREITへの投資は控えるべきと判断することができます。






テーマ : J-REIT
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : J-REIT 不動産投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
J-REIT 東証 指数などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

J-REIT 不動産投資 不動産市場 不動産ファンド 収益還元法 DCF法 東証REIT指数 投資法人 決算短信 証券保管振替機構 テナント 証券会社 証券口座 不動産鑑定 ビークル 証券取引所 利回り 不動産 キャッシュフロー デット型 上場 エクイティ型 東証リート指数 プロパティマネジメント 外資ファンド 大型高機能倉庫 東証2部 上場廃止 J-REITとは? 私募型不動産ファンド ファンド 資産運用 リスク 不動産会社 分配金 リート市場 株式投資 決算 株主総会 賃料 不動産価格 固定資産税 不動産物件 マンション 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。